チェンバロ(ジャーマン?)

製作者不詳

年代/17c.後半〜18c.初め

ライプツィヒ大学楽器博物館 所蔵

 

ふたの外側に<IOANNES DE PERTICIS FLORENTINVS FECIT MDCLXXXIII(1683)>というサインあり。おそらく他の楽器からこの楽器に付加されたものであろう。

現在の状態 2段鍵盤、音域G1・A1−c3、8’8’4’、リュートストップ。カプラーなし。

1955年までの状態 16’8’4’

1908/10年までの状態 1段鍵盤、音域C−f3、おそらく8’8’ 

 

チェンバロギャラリー トップへ  ホームへ