チェンバロを近くで見てみよう!

モデル・ブルース・ケネディー 2001年製作

M.ミートケ 1702〜4年によるジャーマン2段鍵盤チェンバロ

 

1.全体はこんな感じ 2.音を出すしくみ(弦・プレクトルム 他) 3.音色を変化させるしくみ(レジスター・バフストップ 他) 4.質問コーナー

 

2.音を出すしくみ

2-1 弦について

☆ 弦の組み合わせ

チェンバロと呼ばれる楽器は、1つの鍵盤で、複数の弦を鳴らすことが出来るようになっています。

モデルの楽器では、1つの鍵盤につき、最大3本の弦を同時に鳴らすことが出来ます。

  その3本とは、鍵盤に対応した音に調弦された弦・2本と、それより1オクターヴ高く調弦された弦・1本です。

例えば、真ん中のドの鍵盤に対して・・・

その高さのドの音が2本(c1または一点ハ音)

1オクターヴ高いドの音が1本(c2または二点ハ音)

3本の弦が付いています。

上記の前者を8フィートの弦図中水色の弦)、後者を4フィートの弦図中黄色の弦)と呼びます。

前ページの、楽器紹介文の「8’8’4’」という表記は、一つの鍵盤で鳴らすことの出来る弦の組み合わせを表したものです。

ちなみに、1オクターヴ低い弦が付いている場合、その弦のことを16フィート(16)と呼びます。また、1段鍵盤チェンバロは、8’8’または8’4’の組み合わせで、1つの鍵盤につき、最大2本の弦を鳴らすことができます。

        弦の材質

弦の材質は、主に次の2通りです。

1.低音部…真鍮、中・高音部…鉄

2.すべて真鍮(イタリアンやジャーマンタイプに多い)

モデルのチェンバロの弦は、すべて真鍮製です。その証拠は、弦が、金色または、胴色に輝いていること(前頁のアップの写真参照)。

 ところが、4’の弦の最高音部の4本だけは、銀色の鉄製の弦が張られています。その理由は、鉄の弦は、真鍮の弦に比べて、細くても強い張力に耐えられるからです。4’の弦1本だけで鳴らして弾いてみると、この4本の鉄弦は、他の真鍮弦と明らかに違う音色を奏でます。

同じ材質の弦でも、太さや長さ、その他いろいろな要素によって、様々な音色を奏でます。製作者は、過去に存在した楽器を復元しようとする場合、その楽器が作られた時代や地域の様式などに照らし合わせた上、自分の求める美しい音色を求めて、ふさわしい弦を選びます。

 

2-2 ジャックについて

        弦をはじく機構・ジャック

チェンバロの音を出すために、鍵盤と連動して、弦をはじいたり弦の振動を止めたりする機能を持つ部分を、ジャックといいます。鍵盤を押し下げると、てこの原理で鍵盤の奥に乗っているジャックが上がり、ジャックについているプレクトルムという爪が、弦をはじきます。

 ジャックは、ちょうど割る前の割り箸のように見えます。ジャックガイドにお行儀よく整列しています。

鍵盤側のアップ

 

カバーを開けたところ

ジャックガイドから、ジャック本体を取り出してみましょう。ジャック上部に、実際に弦をはじくプレクトルム、弦の振動を止めるダンパー
下から上へ弦をはじき終わって、ジャックが元の位置に戻る時に、再びプレクトルムが弦をはじいてしまわないために回転する(後述参照)
タング、この図では見えませんが、タングの後ろについている、タングを常に直立に保つ「スプリング(ばね)」などで構成されています。
プレクトルムは、かつては鳥の羽の軸で作られていました。現在は、デルリンというプラスチックも多く使われています。
ダンパーは、フェルトで出来ています。

前向き

横向き

詳細

 

図解 (発音機構のコーナーも参照)

             弦の断面 

@鍵盤がジャックを押し上げる Aプレクトルムが弦に触れる Bプレクトルムが弦をはじく

Cジャックが下がる時、タングが後ろ側に回転し、プレクトルムが弦をすり抜ける

D元の位置に戻る ダンパーが弦に触れ、弦の振動を止める

 

B音色を変化させるしくみ へ  What's チェンバロ トップへ  ホームへ