チェンバロを近くで見てみよう!

モデル・ブルース・ケネディー 2001年製作

M.ミートケ 1702〜4年によるジャーマン2段鍵盤チェンバロ

 

1.全体はこんな感じ 2.音を出すしくみ(弦・プレクトルム 他) 3.音色を変化させるしくみ(レジスター・バフストップ 他) 4.質問コーナー

 

1.全体はこんな感じ

 

 

我が、ジャーマン2段鍵盤チェンバロです。
8’ 8’ 4’バフストップ付き(次ページ以降を参照)。カーブした側板が特徴(下図の右のタイプ)。色は、ボディーが黒に近いダークブラウン、フタ裏が漆塗りの色のような赤。愛称「お椀ちゃん」。この楽器のモデルとなったミートケ作のオリジナルも、地色はこの楽器に近く、日本の漆器をイメージしたデザインであったとのこと。

箱の中に見える、弦が張ってある板のことを、響板といいます。響板の上に渡された、カーブした側板に沿うように見える細長い木は、8フィートのブリッジ。さらに奥に見えるもう1本の、より真っ直ぐな方は、4フィートのブリッジ。ブリッジとは、弦を区切り、実際に振動する長さを決めるとともに、弦の振動を響板に伝える役割があります。(太字の用語については次ページを参照)

 

 

中を覗いてみると・・・

 

 

(上) 8フィートのブリッジのアップ。弦の色は金色です。同じ音の弦が、2本ずつ張ってあります。(次ページ参照)

(左) 同色の矢印が、同じ音の弦を指しています。

 

 

A 音を出すしくみ へ  What's チェンバロ トップへ  ホームへ