ボルティモア・大リーグスタジアム

Oriole Park at Camden Yards, Baltimore MD

スタジアムへのアクセス

 

2003816日(土曜日)、ボルティモアのスタジアムに、ボルティモア・オリオールズ対ニューヨーク・ヤンキーズの試合を見に行ってきました。

 

行きは、私が運転。ボルティモアの出口を降りるまでは、至って順調で、プレーボール1時間半近く前には、スタジアムの前を通ったのですが、駐車場を探すうち、またまた高速に乗るレーンに入ってしまい、一つ先の出口で降りて戻りました。戻ってみると、スタジアムの駐車場は、高速の出口のすぐそばでした・・・^^;

 

さて、初めての大リーグに、試合開始前からワクワクです。スタジアムの中の食べ物は高い、と聞いていたので、外でホットドッグと飲み物を買ってスタジアムの中へ。結局足りなくて、中でも買ったのですが・・・1階、つまりスタンドの下の部分には、食べ物のお店と、オリオールズグッズを売るお店などが並んでいました。ヤンキーズグッズを探した私はおバカでした・・・^^;;だってそこはオリオールズの地元だもの!

 

 

席は、レフト側の1階中央付近。目に飛び込んできた芝生の、鮮やかな緑と、スタンドの切れ目から見えたボルティモアの街並が印象的でした。この球場、フェンスがないんです!ファールボールなど、バンバン飛んでくるのが、また臨場感たっぷりで良かったです。そして!始まる前に、目の前で松井選手がウォーミングアップする姿が見えました!!!名だたるヤンキーズの選手の中でも、存在感充分です!この席では、試合中でも、ヤンキーズが守りの時に、松井選手が何度もフライをキャッチする姿もよーく見えて、大満足!

 

スタンドから見えるボルティモアの街並み

 

ウォーミングアップ中の松井選手

 

75分、試合開始の前に、国歌の演奏。みんな立ち上がって、選手達は胸に手を当てて、おそらく有名な歌手であろう男性が、「星条旗よ永遠なれ」を熱唱。アメリカの国歌は、盛り上がりますね〜!(別に、どこぞの国歌が盛り上がらないとは言っていません!)

 

国歌の演奏。右端には、警官隊が旗を掲げて。

 

選手もアンパイアも、胸に手を当てて。

 

そして、プレーボール。1回の裏、オリオールズが先制して、ファンは大いに沸きました。(次の日の新聞で分かったのですが、この時実は、4番バッターの打席で5番バッターが間違えて打っていたそうです。でも、点は入ってしまったもの勝ち!)私は、松井を見に来たようなものなので、松井選手がバッターボックスに立ったときは特に真剣に見ていました!でも、この日の活躍した場面と言えば、7回、231点を追っていた場面で、きっちりと3塁ランナーをホームに帰したところくらいだったかな〜?

 

大画面で紹介される松井選手

 

バッターボックスの松井選手

 

イニングの変わり目では、お楽しみもたくさんありました。ダンスを踊っている観客の様子が、大画面に映し出されて、その日のWinner(一番派手に踊った人)が決まったり、オリオールズのマスコット(オレンジのくちばしのアヒル)が、大きなパチンコ(Y字型のね)で、プレゼントを客席に飛ばしたり、大画面に、子供の喜びそうなキャラクターが映し出されたり、オリオールズのチームカラーのオレンジのシャツを着た、グランド整備隊がてきぱきとベースを取り替えたり。

 

オリオールズのチームカラー・オレンジのオンパレード!

 

さすが、オリオールズの地元なので、ヤンキーズをおおっぴらに応援するのがはばかられる雰囲気ではありました。^^;延長12回、表に1点を入れられたオリオールズの最後の攻撃で、三塁からホームへ行こうとして挟まれ、ヤンキーズの選手のミスもあったのに惜しいところで阻まれたのは、オリオールズファンにとっては、悔しかったでしょう。椅子を蹴っ飛ばして帰るおじさんもいました(こわ!)でも、その時になって、結構周りにヤンキーズ・ファンもいたんだな・・・と分かりました・・・ちなみに、ヤンキーズのチームカラーは、紺でした。(終)

 

DCのお気に入りトップへ ホームへ